野菜シリーズ第1弾 Part2

皆さん、こんにちは。

 

農業セミナー講師の島田良輔(しまだりょうすけ)と言います。

 

前回は、スイートコーンのイエロー種について説明しました。

今回は、ホワイト種について説明していきたいと思います。

 

ホワイト種とは?

スイートコーンの実の部分の色が全て白色をしたものを指します。

f:id:banseisya:20210720210352j:plain

 

スイートコーンの色は黄色と思われる方も多いと思います。

白色だからといって、スイートコーンには変わりありません。

 

ここ数年、スーパー等で見るようになってきたかなと思います。

有名な品種は「ピュアホワイト」だと思います。

 

実は、栽培するにあたり、とても大変な部分があります。

それは、黄色の近くに白色を植えることが出来ないことです。なぜかというと、花粉等の関連で、黄色のスイートコーンに白色の部分が出来てしまう可能性があるからです。

出荷前に、皮を剥いて確認すればと思われるでしょう。

出荷時は、皮つきで出荷することが大前提にあります。

ですので、白色のスイートコーンを栽培する場合は、以下の条件が必要です。

 ①周りに黄色のスイートコーンが栽培されていないこと

 ②黄色のスイートコーンを栽培している畑から300m近く離すこと

 

最後に、「白色のスイートコーンは生で食べられるでしょう?」とよく聞かれることがあります。食べれないことはありませんが、出来れば茹でで食べて頂いた方がいいと思います。

 

今日は、ここで終わりにしたいと思います。

次回は、バイカラー種について説明していきたいと思います。

 

本日も最後まで読んで頂き、有難うございました。