農薬の使用方法とは?

皆さん、こんにちは。

 

農業セミナー講師の島田良輔(しまだりょうすけ)と言います。

 

前回のブログでは、「希釈倍率」について、説明しました。

今回は、「農薬の使用方法」について説明していきたいと思います。

 

農薬の使用方法の主なもの

① 種子消毒

② 散布

 

もちろん、これ以外にもありますが、今回は上記の2つに絞って説明したいと思います。

 

種子消毒とは

種自体を直接消毒する方法を言います。

主な作物としては、小豆、大豆などです。

 

散布とは

希釈倍率に則って、薄めた農薬を機械を使って、畑に植えた作物にかけることを言います。

散布に関しては、多種多様な作物で行われる為、特に例をあげません。

 

ここで、一つ補足を入れたいと思います。

農薬を使う上で、気をつけてほしいことを2つほど上げます。

① 農薬を扱う時には、マスク等をしっかりとつけること

 理由としては、万が一、吸ってしまい体に症状が出ることを防ぐためです。

② 農薬を使う時、特に散布をする場合は、風の強い時を避けること

 理由としては、風が強い時に散布を行うと、近隣の方の所に飛んで行ってしまう可能性があります。その危険を防ぐためです。

 

今日は、ここで終わりにしたいと思います。

次回は、「農薬の使用回数」について説明していきたいと思います。